第22回生医研リトリート2019が開催されました

令和元年7月17日、18日に生体防御医学研究所所属の全教員・大学院生の研修及び親睦を目的として、第22回生医研リトリート2019が催されました。開催場所は昨年に引き続きホテルセキア(熊本県)にて、総勢147名が参加しました。

中別府所長の挨拶で幕を開け、15演題の口頭発表ならびに質疑応答が今年も英語で行われました。また、30演題のポスター発表でも活発な議論が行われました。なお今年はオーラル発表のセッションごとに質問賞を設けました。更にポスター投票権を全参加者へ付与しました。

     

7月18日の午前に、恒例の優秀発表者の表彰が行われました。表彰者は以下の通りです。

◎口演発表
最優秀口演賞竜口 崇明(免疫遺伝学分野)
優秀口演賞小玉 学(分子医科学分野)
◎ポスター発表
最優秀ポスター賞川上 亮(免疫ゲノム生物学分野)
優秀ポスター賞見世 慎太朗(分子医科学分野)
優秀ポスター賞立石 千瑳(分子医科学分野)
◎質疑
Session 1 質問賞立石 千瑳(分子医科学分野)
Session 2 質問賞阿部 周策(エピゲノム制御学分野)
Session 3 質問賞比嘉 綱己(分子医科学分野)

ソフトボール大会(7月18日)の様子

2日目のソフトボール大会は、雨の心配もありましたが、熱戦が繰り広げられました。

優勝は免疫遺伝学分野とゲノミクス分野の混成チームでした