共通施設概要 ~技術室・発生工学実験室~

発生工学実験室発生工学実験室
技術室技術室
技術室と発生工学実験室は、生医研の共通施設として平成12年度に開設されました。研究支援サービスの提供と共通機器の管理を主たる業務とし、平成29年度は総勢30名のスタッフで業務に取り組んでいます。
質量分析計Orbitrap Velos Pro フーリエ変換型/デュアル
リニアイオントラップ型
質量分析計
Orbitrap Velos Pro
汎用透過型電子顕微鏡 TECNAI20 200kV 汎用透過型電子顕微鏡 TECNAI20 200kV
研究支援サービスにおいては、DNAシークエンス、大規模DNAシークエンス、電子顕微鏡観察、発生工学実験、病理組織標本作製、プロテオーム解析(試料調製~質量分析)、マイクロアレイ解析の研究支援を行っています。研究所内のみならず大学内の他部局(医学研究院、歯学研究院、薬学研究院、農学研究院、工学研究院、理学研究院)や、共同利用・共同研究拠点に申請頂いた他大学の共同研究先など多くの方にご利用頂いております。特に研究所外の利用者の方は年々増加傾向にあり、複数年に渡り継続的にご利用頂いているケースも多くなりました。
自動細胞解析装置 FACS Aria 自動細胞解析装置
FACS Aria
共焦点レーザー顕微鏡 LSM700 共焦点レーザー顕微鏡
LSM700
共通機器の管理業務においては、研究所が所有するおよそ50台の共通機器を共通機器室に集中設置し、維持管理しています。多様な解析に必須な機器を取り揃えており、研究所内外問わず毎年多くの研究者の方にご利用頂いています(平成28年度は延べ3800人)。

共通機器一覧

■ 細胞解析装置
フローサイトメーターFACS Calibur
フローサイトメーターFACS Verse
セルソーターFACSAria
■ 遺伝子解析装置
Illumina HiSeq 2500,1500
DNAシークエンサーABI PRISM 3100xl Genetic Analyzer
マイクロアレイ解析システムGeneChip
アジレントバイオアナライザ
■ 顕微鏡・画像解析装置
共焦点レーザースキャン顕微鏡LSM510META
3Dライブセル光学顕微鏡DeltaVision
μフォーカスX線撮影装置
InVivoイメージングシステム IVIS-50
オリンパスタイムラプス顕微鏡
共焦点レーザー顕微鏡LSM700
病理標本撮影用顕微鏡システムAxioImager/AxioCam
病理標本バーチャルスライスモジュール用顕微鏡StereoInvestigator
近赤外蛍光イメージャーOdyssey
デジタルHFマイクロスコープ
Typhoon TRIO+
■ 電子顕微鏡
TECNAI20 200kV
20KV走査型電子顕微鏡 JSM840A
高性能透過型電子顕微鏡 Polala 300kV
■ プレートリーダー
マルチラベルカウンターwallac1420ARVOsx
EnSpire
■ 病理組織学装置
クリオスタットCM3050S
多項目自動血球計数装置Sysmex K-4500
動物用生化学自動分析装置富士ドライケム3500
■ 質量分析計
API3000
API3200
Autoflex
LTQ Orbitrap Velos Pro
■ その他分析装置
自動インジェクションシステムAIS2
X線照射装置
■ 超遠心機
BECKMAN TLX、L-60、L-70
■ 解析ソフトウェア
蛋白質同定システムMascot
■ 事務機器
大判プリンタ MAXART PX-9500
■ 発生工学実験関連装置
マウス用高架式十字迷路
ウォーターメイズ用モーリス水迷路
マウス用ダークライトボックス
小動物用自発運動解析装置

利用申請

生医研外の方でも、以下の場合は支援サービス・共通機器をご利用頂けます。
  ※発生工学実験室については、新規の利用申請の受付を行っておりません。

・共同利用・共同研究拠点の機器利用型プロジェクトに採択されている。
  →学内・学外問いません。
  →共同利用・共同研究拠点について

・生医研内の研究室と共同研究を行っている。
  →学内・学外問いません。生医研内の研究室の責任者を通じて、サービスを利用して頂きます。

・技術室へ直接利用申請する。
  →学内限定とさせて頂きます。
   こちらのページのフォームよりお問い合わせ下さい。
   利用申請の方法についてご案内いたします。

お問合せ

 技術室に対する各種お問い合わせは、技術室ホームページのお問合せページから、またはよりご連絡下さい。

技術室のホームページ(学内用)
発生工学実験室のホームページ(学内用)