第21回生医研リトリート2018が開催されました

平成30年8月29日、30日に生体防御医学研究所所属の全教員・大学院生の研修及び親睦を目的として、第21回生医研リトリート2018が催されました。開催場所は昨年に引き続きホテルセキア(熊本県)にて、総勢144名が参加しました。

中別府所長の挨拶で幕を開け、14演題の口頭発表ならびに質疑応答が今年も英語で行われました。また、36演題のポスター発表でも活発な議論が行われました。

  

8月30日の午前に、恒例の優秀発表者の表彰が行われました。表彰者は以下の通りです(50音順)。

◎口演発表
  最優秀口演賞 久保田 直人(情報生物学分野)
  最優秀口演賞 清水 秀幸(分子医科学分野)
  優秀口演賞 國村 和史(免疫遺伝学分野)
  優秀口演賞 中谷 航太(メタボロミクス分野)
◎ポスター発表 
  最優秀ポスター賞 従野 雅義(器官発生再生学分野)
  優秀ポスター賞 後藤 那奈子(器官発生再生学分野)
  優秀ポスター賞 白石 大智(分子医科学分野)
  優秀ポスター賞 鳥山 敬祐(エピゲノム制御学分野)
  優秀ポスター賞 比嘉 綱己(分子医科学分野)
◎質疑
  最優秀質問賞 三浦 静(器官発生再生学分野)

 


ソフトボール大会(8月30日)の様子

2日目のソフトボール大会は、雨により一時中断した場面もありましたが、熱戦が繰り広げられました。

 優勝は器官発生再生学分野でした