GCOE理医連携/生医研リトリート・生医研所長杯ソフトボール大会 優勝!

第6回GCOE理医連携リトリート/第14回九州大学生体防御医学研究所リトリート・生医研所長杯ソフトボール大会において分子医科学分野チームが優勝しました
「サイエンスも金、スポーツも金」という中山研のモットーのもと、7月から練習を重ねてリトリートに臨みました。前日からぐずついた天気が続いていましたが、我々の熱意が勝って (?)、会場は薄曇りと、ソフトには最適の天気でした。

【1回戦】vs. SSP合同チーム

1回戦スコア
先発の沖田は距離感の違いからか、立ち上がりに2点を失う。しかし、その裏には4番細田の3ランホームランで逆転に成功。
2回以降は安定したピッチングを見せ、星澤の好守備などにも支えられ0点に抑えきる。最終回はリリーフ蟹江が1点を失うものの抑えきり、1回戦を突破した。

【準決勝】vs. 福井研チーム

準決勝スコア
中山研は初回に相手先発を攻め立てて5点を先制。しかし、エースの福井教授に代わってからは、緩急をつけた投球で的を絞らせてもらえず0点に抑えこまれた。対して、先発の沖田はランナーを背負うものの要所では厳しいコースに投げ込むなど尻上がりの調子を見せた。最終回は中山教授がマウンドへ。最後は福井教授との直接対決を制し、難敵を下した。

【決勝】vs. 横溝・目野・住本研合同チーム

決勝スコア
決勝は3研合同チーム。豊富な人員を擁し、強固な守備で中山研自慢の打線が繋がらず、常に追い続ける苦しい展開となった。3回には、規定時間での打ち切りの危機の中、細田−押川—蟹江と打線が繋がり同点に追いつく。守備を交代して延長に突入。
最終回、3研合同チームは連打で1点を奪う。ランナーを背負った沖田だったが、後続を打ち取り最少失点で切り抜ける。その裏、1アウト満塁という一打サヨナラの場面で打席に立ったのは諸石。サイエンスで金の男が最後もやってくれた。初球の高めの球を左中間にきれいに運び、見事サヨナラになった。ホームに帰ってきた諸石は仲間から胴上げを受けた。
中山研、スポーツも金の瞬間であった。
●キャプテン(細田)のコメント
優勝できてめっちゃ嬉しいです!みんなが頑張って得た優勝だと思います。次回も優勝できるよう頑張りましょう!
九州大学 生体防御医学研究所
分子医科学分野
大西 隆史