index_image
2008.10.01 から カウント 人目
バイオ研究者が生き抜くための十二の智慧
君たちに伝えたい3つのこと
細胞工学連載関連ファイル類のダウンロードページ

お知らせ

  • 【教授コメント】2016〜2017にかけて、当研究室の卒業生の原太一君(4期生)が早稲田大学人間科学学術院・教授に、白根道子さん(PD)が名古屋市立大学薬学部・教授に、西山正章君(5期生)が金沢大学医学部・教授に、高橋秀尚君(5期生)が横浜市立大学医学部・教授に就任しました(内定を含む)。この1年間で4名も教授を輩出できたことは、中山研独自の教育システムの成果です。君達の努力を着実に成果にするため、科学的な実力をつけるような本質的な教育システムを構築しています。興味がある方は、是非一度見学にお越し下さい。大歓迎致します。
  • 【教授コメント】2016〜2017にかけて、当研究室の大学院博士課程卒業生の松本有樹修君(11期生)がNature誌に、諸石寿朗君(12期生)がCell誌に、片山雄太君(13期生)がNature誌に論文を発表しました。これらは中山研のポリシーである「魚をあげるのではなく、魚の釣り方を教える教育」の具体的な成果です。このように良いロールモデルがたくさんいることが中山研の強みです。どこよりもしっかりした大学院教育を致します。これから中山研に加入する皆さんにも、良い結果につながるようにベストを尽くしますので、是非ご参加下さい。
  • 【新着】第20回生体防御医学研究所リトリートにおいて、川村敦生君(D2)が「最優秀口演賞」に、武藤義治君(ポスドク)が「最優秀ポスター賞」に、仁田暁大君(D2)が「優秀ポスター賞」に、ソフトボール大会「優勝」と史上初の四冠を達成しました。関連記事はそれぞれクリックしてご参照下さい。文武両道、何事にも真剣に取り組む中山研の教育の成果です (2017.07.20)
  • 【新着】武藤義治君(ポスドク)の論文「Essential role of FBXL5-mediated cellular iron homeostasis in maintenance of hematopoietic stem cells」がNature Communications誌にアクセプトされました (2017.07.17)
  • 【新着】中国のグループとの共同研究の論文「Hippo signaling suppresses cell ploidy and tumorigenesis through Skp2」がCancer Cell誌にアクセプトされました (2017.05.24)
  • 【新着】産総研のグループとの共同研究の論文「Robotic crowd biology with Maholo LabDroids」がNature Biotechnology誌にアクセプトされました (2017.04.11)
  • 【新着】2017年4月より卒業生の原太一君が早稲田大学人間科学学術院の教授に、同5月より白根道子先生が名古屋市立大学大学院薬学研究科の教授に栄転されました (2017.05.15)
  • 【新着】松本雅記君(准教授)のレビュー「精密な定量プロテオミクスにもとづく生命科学の研究」がライフサイエンス 領域融合レビューに公開されました。われわれが開発した次世代プロテオミクス技術「iMPAQT法」が紹介されています (2017.04.11)

更新履歴

  • 論文リストおよび[Citation Index Best 10] を更新しました (2017.10.19)
  • 現在のメンバー更新しました (2017.10.01)
  • 過去メンバーを更新しました (2017.10.01)
  • 生医研リトリートを更新しました (2017.08.17)
  • 賞状を更新しました (2017.08.17)
  • 研究費獲得状況を更新しました (2017.08.16)
  • 論文リスト追加更新しました (2017.08.09)
  • 賞状を更新しました (2017.07.26)
  • 過去メンバーを更新しました (2017.07.22)
  • 中山研の軌跡、追加更新しました (2017.07.18)