News from NFG

2020年

 

2月13日

令和元年12月2日にご逝去された関口睦夫先生の追悼文を寄稿しました。

DNA Repair 88 (2020) 102808

日本分子生物学会

日本生化学会

 

1月15日

OGG1が腸内細菌叢と炎症の制御に関わることを明らかにしました。

Simon H, Vartanian V, Wong MH, Nakabeppu Y, Sharma P, Lloyd RS and Sampath H

OGG1 deficiency alters the intestinal microbiome and increases intestinal inflammation in a mouse model.

PLoS One 15:e0227501, 2020.

 

2019年

9月7日

MUTYHの欠損は酸化ストレスの程度と組織の種類に応じて様々な応答を引き起こすことを明らかにしました。

Chen J, Huang Z, Wu X, Kang J, Ren Y, Gao W, Lu X, Wang J, Ding W, Nakabeppu Y*, Fan Y* and Wang Y* (*Co-corresponding authors)

Oxidative stress induces different tissue dependent effects on Mutyh-deficient mice. Free Radic Biol Med 143:482-493, 2019.

 

5月8日

Diabetes Mellitus, A risk factor for Alzheimer's Disease」(Editors: Y. Nakabeppu & T. Ninomiya)がOnline発行されました。

5月8日

春山君の「論文が、「医療ニュース」で紹介されました。

「マウスの行動の性差は活性酸素による酸化ヌクレオチドの蓄積が原因と判明−九大」

 

5月5日

春山君の「論文が、「大学ジャーナルオンライン」で紹介されました。

「マウス自発行動量の性差について、原因の一端を解明 九州大学 」

 

4月 23日

ゲノムへの酸化塩基、8-オキソグアニン(8-oxoG)の蓄積を防ぐ8-oxo-dGTP分解酵素(MTH1)と8-oxoG DNAグリコシラーゼ(OGG1)が加齢に伴って雌マウスの神経前駆細胞のゲノムに8-オキソグアニンが高度に蓄積するのを抑えることで正常な脳機能を維持していることを明らかにしました。

Naoki Haruyamaa, Kunihiko Sakumi, Atsuhisa Katogi, Daisuke Tsuchimoto, Gabriele De Luca, Margherita Bignami, and Yusaku Nakabeppu

8-Oxoguanine accumulation in aged female brain impairs neurogenesis in the dentate gyrus and major island of Calleja, causing sexually dimorphic phenotypes.

Progress in Neurobiology 180:101613.

 

2018年

9月20日

中別府教授が2018年度日本遺伝学会木原賞を受賞しました。
「活性酸素によるゲノム損傷に起因する機能障害とその防御機構の解明」 
「Defense mechanisms against the dysfunction resulting from damage to the genome by reactive oxygen species」
*日本遺伝学会木原賞
日本遺伝学会は、遺伝学の進歩を促しすぐれた研究業績を一般に知らせるために、2つの賞を設けています。日本遺伝学会木原賞は、コムギの研究を中心に遺伝・進化学の分野で世界的な業績を残された木原均博士を称えて設立され、遺伝学の分野ですぐれた業績をあげた者に授与されます。日本遺伝学会奨励賞は、遺伝学の特定の分野ですぐれた研究を活発に行い将来の成果が期待される会員に授与されます。

 

7月2日

Chungnam National University(大韓民国)からEunhee Kim教授が訪問教授として来日しました。12月まで脳機能制御学分野に在籍されます。

 

6月9日

九州朝日放送(KBC)「とっても健康らんど」で研究室の研究内容が紹介されました。「認知症最前線」

 

2017年

12月20日

アルツハイマー病患者脳の海馬神経細胞におけるAdipocyte enhancer-binding protein (AEBP1)の発現上昇がNF-kBの活性化を介してアルツハイマー病の進展と関連することを明らかにしました。

Association of adipocyte enhancer-binding protein 1 with Alzheimer's disease pathology in human hippocampi.

Shijo, M., Honda, H., Suzuki, S. O., Hamasaki, H., Hokama, M., Abolhassani, N., Nakabeppu, Y., Ninomiya, T., Kitazono, T., and Iwaki, T., Brain Pathol 28, 58-71, 2018.

 

12月19日

アルツハイマー病患者およびモデルマウスの大脳皮質における遺伝子発現の比較プロファイリングからアミロイドーシスと神経炎症の関連を明らかにしました。

Comparative profiling of cortical gene expression in Alzheimer's disease patients and mouse models demonstrates a link between amyloidosis and neuroinflammation.

Castillo, E., Leon, J., Mazzei, G., Abolhassani, N., Haruyama, N., Saito, T., Saido, T., Hokama, M., Iwaki, T., Ohara, T., Ninomiya, T., Kiyohara, Y., Sakumi, K., LaFerla, F. M., and Nakabeppu, Y., Sci Rep 7, 17762, 2017.

 

7月26日

アデノシンの酸化体、2-oxoadenosineが細胞障害を引き起こすメカニズムを明らかにしました。

2-Oxoadenosine induces cytotoxicity through intracellular accumulation of 2-oxo-ATP and depletion of ATP but not via the p38 MAPK pathway.

Asada, S., Ohta, E., Akimoto, Y., Abolhassani, N., Tsuchimoto, D., Nakabeppu, Y., Sci Rep 7, 6528, 2017.

 

7月20日

OGG1の欠損が筋肉における脂肪とミトコンドリア代謝の協調的な変化をもたらすことを明らかにしました。

8-oxoguanine DNA glycosylase (OGG1) deficiency elicits coordinated changes in lipid and mitochondrial metabolism in muscle.

Vartanian V, Tumova J, Dobrzyn P, Dobrzyn A, Nakabeppu Y, Lloyd RS, Sampath H., PLoS One 12(7):e0181687, 2017.

 

3月10日

中別府雄作教授が、公益財団法人 上原生命科学財団より平成28年度の研究助成金を受賞しました。

研究課題:「酸化ストレスによるミクログリア活性化機構の解明」

2月15日

アルツハイマー病における脳内グルコース代謝障害、ミトコンドリア機能不全、酸化的DNA損傷の関係を報告しました。

Molecular pathophysiology of impaired glucose metabolism, mitochondrial dysfunction, and oxidative DNA damage in Alzheimer's disease brain.

Abolhassani, N., Leon, J., Sheng, Z., Oka, S., Hamasaki, H., Iwaki, T., Nakabeppu, Y., Mech Ageing Dev 161:95-104, 2017.

 

1月30日

Abolhassani Nonaさんが、公益財団法人 福岡県すこやか健康事業団より平成28年度のがん研究助成金を受賞しました。

研究課題:「MTH1高発現がん細胞を標的としたMTH1阻害剤とその併用療法の開発研究」