News from NFG

2017年

3月10日

中別府雄作教授が、公益財団法人 上原生命科学財団より平成28年度の研究助成金を受賞しました。

研究課題:「酸化ストレスによるミクログリア活性化機構の解明」

 

2月15日

アルツハイマー病における脳内グルコース代謝障害、ミトコンドリア機能不全、酸化的DNA損傷の関係を報告しました。

Molecular pathophysiology of impaired glucose metabolism, mitochondrial dysfunction, and oxidative DNA damage in Alzheimer's disease brain. Abolhassani, N., Leon, J., Sheng, Z., Oka, S., Hamasaki, H., Iwaki, T., Nakabeppu, Y., Mech Ageing Dev 161 (2017) 95-104.

 

1月30日

Abolhassani Nonaさんが、公益財団法人 福岡県すこやか健康事業団より平成28年度のがん研究助成金を受賞しました。

研究課題:「MTH1高発現がん細胞を標的としたMTH1阻害剤とその併用療法の開発研究」

 

2016年

12月1日

第39回日本分子生物学会年会(パシフィコ横浜)の優秀ポスター賞を土本さんと岡さんが受賞しました。

2P-0121 「イノシン三リン酸分解酵素 ITPA 欠損の哺乳動物細胞およびマウス中枢神経系への影 響の解析」  土本 大介 (九大・生医研・脳機能)

2P-0587 「アルツハイマー病進展における核あるいはミトコンドリア DNA 中に蓄積した 8-oxoguanine の役割」 岡 素雅子 (九大・生医研・脳機能, 久留米大・分子生命科学研究所)

 

11月30日

岡さんの論文がマイナビニュースで紹介されました。

ヒトTFAMがアルツハイマー病の原因を抑制することを発見しました。

Human mitochondrial transcriptional factor A breaks the mitochondria-mediated vicious cycle in Alzheimer's disease. Oka, S., Leon, J., Sakumi, K., Ide, T., Kang, D., LaFerla, F. M., and Nakabeppu, Y. Sci Rep 6:37889, 2016.

 

11月1日

塩基除去修復酵素、NEIL3欠損が自己免疫症の要因となることを発見しました。

Deficiency of base excision repair enzyme NEIL3 drives increased predisposition to autoimmunity. Massaad MJ, Zhou J, Tsuchimoto D, Chou J, Jabara H, Janssen E, Glauzy S, Olson BG, Morbach H, Ohsumi TK, Schmitz K, Kyriacos M, Kane J, Torisu K, Nakabeppu Y, Notarangelo LD, Chouery E, Megarbane A, Kang PB, Al-Idrissi E, Aldhekri H, Meffre E, Mizui M, Tsokos GC, Manis JP, Al-Herz W, Wallace SS, Geha RS. J Clin Invest 126:4219-4236, 2016.

 

9月22日

MUTYHが活性酸素によるミクログリアの活性化と遺伝性網膜色素変性を促進することを発見しました

MUTYH promotes oxidative microglial activation and inherited retinal degeneration. Nakatake S, Murakami Y, Ikeda Y, Morioka N, Tachibana T, Fujiwara K, Yoshida N, Notomi S, Hisatomi T, Yoshida S, Ishibashi T, Nakabeppu Y, Sonoda KH. JCI Insight 1:e87781, 2016.

 

9月13日

ヌクレオチドプール中に蓄積したdITP(デオキシイノシン三リン酸)がDNA複製時にゲノムDNAに取り込まれるとMLH1/PMS2とp53に依存して細胞増殖の抑制とゲノム不安定性が誘導されることを明らかにしました。

Deoxyinosine triphosphate induces MLH1/PMS2- and p53-dependent cell growth arrest and DNA instability in mammalian cells. Yoneshima, Y., Abolhassani, N., Iyama, T., Sakumi, K., Shiomi, N., Mori, M., Shiomi, T., Noda, T., Tsuchimoto, D., Nakabeppu, Y., Sci Rep 6: 32849, 2016.

 

8月22日 

脳梗塞の危険因子として同定されたPKCηがマウスの動脈硬化症モデルの増悪因子として機能することを明らかにしました

PKCη deficiency improves lipid metabolism and atherosclerosis in apolipoprotein E-deficient mice. Torisu, K., Zhang, X., Nonaka, M., Kaji, T., Tsuchimoto, D., Kajitani, K., Sakumi, K., Torisu, T., Chida, K., Sueishi, K., Kubo, M., Hata, J., Kitazono, T., Kiyohara, Y., Nakabeppu, Y., Genes Cells 21:1030-1048, 2016.

 

3月16日 

Julio Leon君の論文「8-オキソグアニンの蓄積が神経突起の変性を引き起こすことを発見」が日経産業新聞に掲載されました。

 

2月25日

8-オキソグアニンの蓄積が神経突起の変性を引き起こすことを発見
−アルツハイマー病などの神経変性メカニズムの一端が明らかに−

Oxoguanine accumulation in mitochondrial DNA causes mitochondrial dysfunction and impairs neuritogenesis in cultured adult mouse cortical neurons under oxidative conditions. Leon, J., Sakumi, K., Castillo, E., Sheng, Z., Oka, S., Nakabeppu, Y., Sci Rep 6:22086, 2016.