第777回 生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)

下記の通り、金 玟秀 先生によるセミナーを開催致します。皆様方のご参加を心よりお待ちしております。

演題 / Title

蛋白質の翻訳後修飾による粘膜防御システムの制御

演者 / Speaker

金 玟秀 先生
京都大学 白眉センター
特定准教授

KIM MINSOO, Ph.D.
Associate Professor
The Hakubi Project, Kyoto University

日時 / Date

2018年11月2日(金) Nov. 2 (Fri), 2018
13:30~14:30

場所 / Venue

病院キャンパス 生体防御医学研究所 本館1階 会議室
以下の地図の31番です。
(http://www.kyushu-u.ac.jp/f/33951/2018hospital_2.pdf)

Seminar Room, Main Building 1F, Medical Institute of Bioregulation
No.31 on the following linked map.
(http://www.kyushu-u.ac.jp/f/33952/2018hospital_2-en.pdf)

要 旨 / Abstract

多くの抗生物質が得られた今でも病原細菌による感染症は重大な脅威です。本セミナーでは、腸管病原細菌が宿主の蛋白質翻訳後修飾系(ユビキチン化、脱アミド化など)の制御を通じて、種々の宿主粘膜防御システムを巧みに打破し、感染を成立させる分子機構について、これまでの私の知見と展望を紹介します。

業績 / Publications

Kim M, Ogawa M, Fujita Y, Yoshikawa Y, N T, Koyama T, Nagai S, Lange A, Fassler R, Sasakawa C
“Bacteria hijack integrin-linked kinase to stabilize focal adhesions and block cell detachment”
Nature, 459 (7246), 578-582 (2009)

Sanada T, Kim M, Mimuro H, Suzuki M, Ogawa M, Oyama A, Ashida H, Kobayashi T, Koyama T, Nagai S, Shibata Y, Ghoda J, Inoue J, Mizushima T, Sasakawa C
“The Shigella flexneri effector OspI deamidates UBC13 to dampen the inflammatory response”
Nature, 483(7391), 623-626 (2012)

連絡先 / Contact

生体防御医学研究所
中別府 雄作 092(642)6800

Medical Institute of Bioregulation, Yusaku Nakabeppu
Tel:092-642-6800