第768回 生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)


下記の通り、林 朗子 先生によるセミナーを開催致します。
「記憶」を蛍光イメージング画像として可視化し、さらに人工的に介入することで「記憶」を改変するーーーそんなSFのようなことが実際にできることを示したのが、2015年に林先生らがNatureに発表された論文です。これは記憶学習の細胞基盤がスパインにあることを示す世界ではじめての直接的な知見です。現在は、シナプス前部(青)・後部(赤)、シナプス後部神経細胞(緑)3色で染め上げ、全脳レベルの機能的コネクトミクス法の開発に着手されています。この「記憶改変」という夢のような研究に対する感動を、皆様にも是非共有していただきたいです。皆様奮ってご参加下さい。

演題 / Title

精神疾患の神経回路異常の解明にむけた機能的コネクトミクス法の開発
Development of innovative wide-view mapping of synaptic ensemble in the psychiatric model

演者

林 朗子 先生
群馬大学 生体調節研究所
脳病態制御分野・教授

日時 / Date

2018年3月9日(金)  Mar. 9 (Fri), 2018
17:00~18:30

場所 / Venue

病院キャンパス 生体防御医学研究所 本館1階 会議室
以下の地図の26番です。
(http://www.kyushu-u.ac.jp/f/30078/Hospital_jp-2017.pdf)

Seminar Room, Main Building 1F, Medical Institute of Bioregulation
No.26 on the following linked map.
(http://www.kyushu-u.ac.jp/f/30074/Hospital_en-2017.pdf)

参考文献 / References

Hayashi-Takagi A, Yagishita S, Nakamura M, Shirai F, Wu Y, Loshbaugh AL, Kuhlman B, Hahn KM, Kasai H.
Labelling and optical erasure of synaptic memory traces in the motor cortex.
Nature (Article) 2015; 525, 333-338.

Yagishita S, Hayashi-Takagi A, Ellis-Davies GC, Urakubo H, Ishii S, Kasai H.
A critical time window for dopamine actions on the structural plasticity of dendritic spines.
Science 2014; 345, 1616-1620.

Hayashi-Takagi A, Araki Y, Nakamura M, (3 authors omitted), Sawa A.
PAKs inhibitors ameliorate schizophrenia-associated dendritic spine deterioration in vitro and in vivo during late adolescence.
Proc Natl Acad Sci USA 2014; 111, 6461-6466.

Hayashi-Takagi A, Takaki M, Graziane N, Seshadri S, Murdoch H, Seshadri AJ, Ishizuka K, Makino Y, Srivastava DP, Xie Z, Baraban JM, Houslay MD, Tomoda T, Brandon NJ, Kamiya A, Yan Z, Penzes P, and Sawa A.
Disrupted-in-Schizophrenia-1 (DISC1) regulates spines of the glutamate synapse via Rac1.
Nat Neurosci 2010; 13, 327-332.

連絡先

生体防御医学研究所
分子医科学分野
中山 敬一 092(642)6815