第740回 生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)

及び 生医研男女共同参画推進委員会連携企画


下記の通り、Albert Einstein College of Medicineの鈴木 雅子 先生によるセミナーを開催致します。講演は英語で行われます。
また、休憩をはさんで、ポスドクとしてアメリカへ飛び込んだご経験をお話しいただきます。海外留学を考えている方、海外で独立したい方、お気軽にお越しください。こちらは日本語です。
皆様のご来聴を心より歓迎いたします。

日時

2017年5月26日(金)  May. 26 (Fri), 2017
14:30~16:30

場所

病院地区キャンパス内 総合研究棟1階 セミナー室101
以下の地図の1番です。
(https://www.kyushu-u.ac.jp/f/28545/hospital_jp.pdf)

Seminar Room 101, 1F, Biomedical Research Station
No.1 on the following linked map.
(https://www.kyushu-u.ac.jp/f/28551/hospital_en.pdf)

演者

鈴木 雅子先生
Research Assistant Prof. Masako Suzuki, DVM, Ph.D
Department of Genetics, Albert Einstein College of Medicine

【第1部】14:30~15:30

演  題X-WGBS: whole genome bisulphite sequencing on the Illumina HiSeq- X Ten(Seminar in English)
要  旨We have developed a new library preparation and sequencing protocol for the Illumina HiSeq-X Ten system, X-WGBS, which relies on transposase-mediated tagmentation, followed by sodium bisulphite treatment, amplification and sequencing along with a minimal spike-in to ameliorate the inherent lack of C/G bases. The X-WGBS technique allows us to perform cost-effective translational epigenomic research, which needs large cohort sizes to generate adequate power.
業  績1. Suzuki M. et al. Amnion as a surrogate tissue reporter of the effects of maternal preeclampsia on the fetus. Clinical epigenetics. 2016.
1. Li Q, Suzuki M. et al. Post-conversion targeted capture of modified cytosines in mammalian and plant genomes. Nucleic Acids Res. 2015.

【第2部】15:40~16:30

演  題キャリアパスセミナー「アメリカでポスドクするなら知っておく10のこと」

連絡先

生体防御医学研究所 エピゲノム制御学分野 佐々木 裕之
Division of Epigenomics and Development, MIB, Hiroyuki SASAKI
092 (642) 6759