[English   Japanese]

ホーム メンバー 研究テーマ 研究業績 人材募集 連絡先 リンク

メンバー

研究テーマ

研究業績

人材募集

連絡先

リンク

最近出版された本:

山西研究室へようこそ。我々は、生命科学において重要な様々な分子(遺伝子、タンパク質、低分子化合物、薬物など)を解析するためのバイオインフォマティクスやシステム生物学の研究を行っています。特に、ゲノム、トランスクリプトーム、プロテオーム、メタボローム、フェノームなどの網羅的オミックスデータから様々な分子間相互作用ネットワーク(タンパク質間相互作用、代謝パスウェイ、タンパク質リガンド相互作用など)を予測する統計手法を開発しています。また医療や創薬への応用では、ケモゲノミクスや薬理ゲノミクスに基づく薬物の標的分子や副作用の大規模予測、既存薬の適用拡大を目指すドラッグリポジショニングを行っています。

最近のニュース:
2016年10月1日:澤田隆介さん、岩田通夫さんが、第5回生命医薬情報学連合大会で研究奨励賞を受賞しました。

2015年10月31日:澤田隆介さん、岩田通夫さんが、第4回生命医薬情報学連合大会で研究奨励賞を受賞しました。

2015年10月29日:澤田隆介さんが、情報計算化学生物学会2015年大会でポスター賞(Excellent Poster Award)を受賞しました。

2014年10月4日:岩田浩明さん、澤田隆介さん、岩田通夫さんが、第3回生命医薬情報学連合大会でポスター賞(IIBMP2014 Excellent Poster Award)を受賞しました。

DINIES GENIES E-zyme CBIO MIB KUBIC