九州大学生体防御医学研究所

細胞機能制御学部門

Top Research Publication Members Event Links Access
            研究業績
       
欧文欧文総説
2016年

*Sekiya S., *Miura S., *Matsuda-Ito K., Suzuki A. Myofibroblasts derived
from hepatic progenitor cells create the tumor microenvironment. 
Stem Cell Reports 
7, 1130-1139. (* Co-first author) PubMed


Terada M., Horisawa K., Miura S., Takashima Y., Ohkawa Y., Sekiya S.,
Matsuda-Ito K., Suzuki A. Kupffer cells induce Notch-mediated hepatocyte
conversion in a common mouse model of intrahepatic cholangiocarcinoma. 
Sci Rep
 6, 34691.
PubMed


Takashima Y., Terada M., Udono M., Miura S., Yamamoto J., Suzuki A.
Suppression of lethal-7b and miR-125a/b maturation by Lin28b enables
maintenance of stem cell properties in hepatoblasts.
Hepatology 64, 245-260. PubMed


2015年 Horisawa K. and Suzuki A. Cell-based regenerative therapy for liver disease. 
Innovative Medicine: Basic Research and Development,
Springer Japan (Tokyo), 327-339.


Suzuki A. Evidence of cell-fate conversion from hepatocytes to cholangiocytes
in the injured liver: in vivo genetic lineage-tracing approaches.
 
Curr Opin Gastroenterol 31, 247-251.
PubMed


Takashima Y., Terada M., Kawabata M., Suzuki A. Dynamic three-dimensional
morphogenesis of intrahepatic bile ducts in mouse liver development. 
Hepatology 
61, 1003-1011. 【PubMed



Suzuki A. Liver regeneration: a unique and flexible reaction depending on the
type of injury. Genes Cells 20, 77–84. 【PubMed



2014年 Miura S. and Suzuki A. Rapid cell-fate conversion of mouse fibroblasts
into hepatocyte-like cells.Inflamm Renen 34, 211-216.PubMed


Suzuki A. Direct reprogramming. Inflamm Renen 34, 209-210.
PubMed


Miura S. and Suzuki A. Acquisition of lipid metabolic capability in hepatocyte-like
cells directly induced from mouse fibroblasts. Front Cell Dev Biol
2, 1-6.
PubMed


Sekiya S. and Suzuki A. Hepatocytes, rather than cholangiocytes, can be the major
source of primitive ductules in the chronically injured mouse liver.

Am J Pathol
184, 1468-1478.PubMed


2013年 Suzuki A. Artificial induction and disease-related conversion of the hepatic fate. Curr Opin Genet Dev 23, 579-584. PubMed


Takashima Y., Suzuki A. Regulation of organogenesis and stem cell properties by T-box transcription factors. Cell Mol Life Sci 70, 3929-3945. PubMed


Hikichi T., Matoba R., Ikeda T., Watanabe A., Yamamoto T., Yoshitake S., Tamura-Nakano M., Kimura T., Kamon M., Shimura M., Kawakami K., Okuda A., Okochi H., Inoue T., Suzuki A., Masui S. Transcription factors interfering with dedifferentiation induce cell type-specific transcriptional profiles. Proc Natl Acad Sci USA 110, 6412-6417.PubMed


2012年

Sekiya S. and Suzuki A. Intrahepatic cholangiocarcinoma can arise from
Notch-mediated conversion of hepatocytes. J Clin Invest, 122, 3914-3918.
PubMed



2011年 Sekiya S. and Suzuki A. Direct conversion of mouse fibroblasts to hepatocyte-like cells by defined factors. Nature 475, 390-393.【PubMed


Sekiya S. and Suzuki A. Glycogen synthase kinase 3β-dependent Snail degradation directs hepatocyte proliferation in normal liver regeneration. Proc Natl Acad Sci USA 108, 11175-11180. 【PubMed


Onoyama I., Suzuki A., Matsumoto A., Tomita K., Katagiri H., Oike Y., Nakayama K., Nakayama K.I. Fbxw7 regulates lipid metabolism and cell fate decisions in the mouse liver. J Clin Invest 121, 342-354. 【PubMed


2010年 Suzuki A., Sekiya S., Gunshima E., Fujii S., Taniguchi H. EGF signaling activates proliferation and blocks apoptosis of mouse and human intestinal stem/progenitor cells in long-term monolayer cell culture. Lab Invest 90, 1425-1436.  【PubMed


2008年

Suzuki A.*, Sekiya S., Onishi M., Oshima N., Kiyonari H., Nakauchi H., Taniguchi H.* Flow cytometric isolation and clonal identification of self-renewing bipotent hepatic progenitor cells in adult mouse liver. Hepatology, 48, 1964-1978.( * corresponding author)  【PubMed


Suzuki A.*, Sekiya S., Buscher D., Izpisua Belmonte J.C., Taniguchi H. Tbx3 controls the fate of hepatic progenitor cells in liver development by suppressing p19ARF expression. Development, 135, 1589-1595. ( * corresponding author)  【PubMed


邦文総説
2015年

鈴木淳史:「iPS細胞を経由しないダイレクトリプログラミング:線維芽細胞から肝細胞へ」、
腎と透析、Vol. 79, No. 6


鈴木淳史:「皮膚細胞から肝細胞を直接誘導する技術」、日本臨牀増刊号「再生医療



堀澤健一、鈴木淳史:「世界のダイレクトリプログラミング研究の動向」、
細胞工学別冊 「ダイレクトリプログラミング」



関谷明香、鈴木淳史:「マウスiHep細胞の作製方法」、
細胞工学別冊 「ダイレクトリプログラミング」



鈴木淳史(監修):「ダイレクトリプログラミングとは?」、
細胞工学別冊
「ダイレクトリプログラミング」


鈴木淳史:「ダイレクトリプログラミングによる肝細胞の作製」、肝胆膵、Vol. 70, No. 3


鈴木淳史:「医療応用へ向けた肝細胞の直接誘導技術」、
実験医学増刊「再生医療2015 幹細胞と疾患iPS細胞の研究最前線」Vol. 33, No. 2



2014年

鈴木淳史:「皮膚細胞から肝細胞へのダイレクトリプログラミング」、細胞、
Vol. 46, No. 5

鈴木淳史:「Direct reprogramming ~皮膚線維芽細胞から肝細胞へ」、感染・炎症・免疫、
Vol. 44, No. 1

鈴木淳史:「細胞のロバストな振る舞い:再生,発がん,リプログラミング」、細胞工学、
Vol. 33, No. 1



2013年

鈴木淳史(企画):「肝細胞分化の人為的な誘導と疾患による破綻」、実験医学
「細胞の運命決定とリプログラミング」、Vol. 31, No. 13



鈴木淳史(企画):「細胞運命制御機構の解明から医療応用へ(概論)」、実験医学
「細胞の運命決定とリプログラミング」、Vol. 31, No. 13



鈴木淳史:「肝内胆管癌がNotchシグナルを介した肝細胞の分化転換から生じることを発見」、
分子消化器病
、Vol. 10, No. 1



鈴木淳史:「細胞運命の直接転換 ─ダイレクトリプログラミング─」、
The Frontiers in Life Sciencesシリーズ「幹細胞研究と再生医療」、南山堂


2012年 鈴木淳史:「肝細胞分化を誘導するマスター因子の同定」、生化学
Vol. 84, No. 8


鈴木淳史:「特定因子による細胞運命の直接転換」、
実験医学増刊
「幹細胞のメディカルサイエンス」、Vol. 30, No. 10


鈴木淳史:「肝再生の仕組みに関する新知見 ― 増殖を求め続ける肝細胞と負の制御」、
医学のあゆみ、Vol. 240, No. 9



2011年

鈴木淳史:「特定因子による皮膚細胞から肝細胞への直接変換」、分子消化器病
Vol. 8, No. 4



鈴木淳史:「がん幹細胞とエピジェネティクス ―環境の変化がいざなう細胞運命のリプログラミング」、実験医学増刊「がん幹細胞 ―ステムネス, ニッチ, 標的治療への理解」
Vol. 29, No. 20



鈴木淳史:「特定因子による皮膚細胞から肝細胞への直接変換」、
肝細胞研究会ホットトピックス


鈴木淳史、関谷明香:「マウスの皮膚細胞から肝細胞を直接作製することに成功」、
新着論文レビュー



2009年 鈴木淳史:「転写因子による肝組織発生の制御機構」、肝胆膵、Vol. 59, No. 4


鈴木淳史:「肝細胞分化関連遺伝子の導入による皮膚細胞からの肝 細胞作製技術」、
再生医療、Vol. 8, No. 3



2008年 鈴木淳史:「肝細胞分化関連遺伝子の導入による皮膚細胞からの肝細胞作製技術」、
再生医療、Vol. 7, No. 3
.