九州大学病院
  • 先端分子・細胞治療科
  • 分子・細胞調製センター
九州大学 生体防御医学研究所
  • ゲノム病態学分野
  • 悪性腫瘍に対する新規免疫・遺伝子治療薬開発研究部門(寄附研究部門)
LINK
  • 九州大学
  • 九州大学病院
  • 九州大学 先端医療イノベーションセンター
  • 九州大学生体防御医学研究所
九州大学 生体防御医学研究所 ゲノム病態学分野

診療内容

本研究部では、癌を含む難病に苦しまれている患者さんに対して、より効果的で副作用の少ない治療法の開発を行なうことを最終目的にゲノム病態学分野で基礎研究を行うとともに先端分子細胞治療科では臨床研究を行っております。                  (胆道癌の臨床試験についてはコチラ

■患者の皆様へ
当科は、臨床科としての「九州大学病院、先端分子・細胞治療科」と、研究分野としての「九州大学、生体防御医学研究所・ゲノム病態学分野」からなっています。九州大学病院においての当科の役割は、臨床応用を目的として九州大学はもとより日本ならびに海外で開発された先端の免疫細胞療法や遺伝子療法を、いち早く臨床の現場に還元し、患者さまに早期にお役に立てるように、基礎研究と臨床研究を効率よく橋渡しすることにあります。とくに最近はこのような臨床研究はトランスレーショナルリサーチと呼ばれています。この円滑な実施のためには、高い倫理性と科学性が求められており、当科は患者さまのご協力を頂きながらその達成に向けてスタッフ一同一丸となって連日努力しております。

具体的には現在、進行がん患者様に対する免疫療法として新しい樹状細胞療法を実施いたしております。また、将来の臨床応用を視野に入れたがん患者様に対する新規の遺伝子治療の開発も行っております。 がんの治療中の方で他の治療法(手術療法、化学療法、放射線治療)の効果が充分でない方、御家族にがんの患者様がいらっしゃる方、その他細胞療法、遺伝子治療に御興味のある方は御気軽に当科へ御相談ください。新患外来受付は毎週平日、月曜~金曜 8:30~11:00です(電話番号などは別ページをご参照ください)。可能であれば主治医の先生の紹介状を御持参のうえ御受診ください。

先端分子・細胞治療科について

当科では、消化器系固形腫瘍や造血器腫瘍を含む各種悪性腫瘍の患者さんに対する新規治療法の臨床研究開発を実施しております。九州大学はもとより日本や海外で開発された最先端のシーズをもとに分子療法、免疫細胞療法、ならびに遺伝子治療法の新規治療法をいち早くガン患者に安全に提供できるように専門のスタッフが基礎ならびに臨床研究を行っています。このような開発中の新規治療法を患者さんのご理解とご協力を得ながら慎重に臨床応用する研究は一般にトランスレーショナルリサーチと呼ばれています。このトランスレーショナルリサーチは新しい治療法が一般に使用されるまでには必ず通過しなければならないステップで、その円滑な実施のためには高い倫理性と科学性が求められます。当科では患者さんのご協力を頂きながらその達成に向けてスタッフ一同、一丸となって日々取り組んでおります。

現在、進行固形がん患者に対する免疫療法として新しい細胞療法およびペプチド療法を実施しています。近年、免疫療法は副作用の少ない第四のガン治療法として注目されていますが、従来法では効果的に未だ不十分なことが多かったため、我々の施設では治療効果をあげる目的で当科独自の腫瘍関連抗原エピトープペプチドカクテルを用いたユニークな取り組みを実施しております。また制御性Tリンパ球除去の前処置と細胞障害性Tリンパ球の体内維持のための短期インターロイキン-2投与を併用し更なる治療成績の向上を目指します。 併せて現在、各種の悪性腫瘍患者さんに対する新しい分子療法等の開発も行っています。これらの治療法に関しては近いうちに臨床研究を開始できるよう準備中です。

これらの新しい治療法は上述のように未だ標準的治療法としては認められていないため、臨床研究と呼ばれています。従いまして、御参加時には九州大学病院の倫理委員会による承認を必要と致します。これまで当科で実施されてきた免疫細胞療法に関しては安全性には問題のない結果をえておりますが、今後とも安全に実施できるように注意深く臨床研究を行っていく予定です。

消化器がん・肺がん・子宮頚がん、および血液悪性腫瘍を含む各種悪性腫瘍の治療中の患者さんで、ガン標準治療法(手術療法、化学療法、放射線治療)の効果が充分でない方、御家族にそのような患者さんがいらっしゃる方、その他、癌免疫療法に御関心のある方は御気軽に当科へ御相談ください。

■当科で現在実施中の先端医療:固形癌に対する新しい免疫細胞療法

九州大学病院 先端分子・細胞治療科では固形がんに対する新しい免疫療法の開発を行っています。この免疫療法は養子免疫療法※1と樹状細胞療法※2を組み合わせてその長所をいかした上、更に免疫を強める目的でお薬を併用して治療を行うものです。

※1:患者様自身の血液中に流れていて、がんに対する免疫力を担っているリンパ球を体外で免疫能を高め、培養後体内に戻すものです。
※2:腫瘍細胞の目印をリンパ球に示し、リンパ球を活性化させる細胞を体外で増やし、腫瘍細胞の目印を示せるようにして体内に戻すものです。

参加いただける患者様

【1】RNF43ペプチドを用いた強化養子免疫療法第一相臨床研究

RNF43分子は大腸がんを中心とした固形腫瘍に発現が認められるRing finger蛋白型の癌抗原です。本臨床研究では他に治療法のない固形腫瘍患者様に対してRNF43ペプチドを用いて樹状細胞ならびに細胞障害性Tリンパ球(CTL)をin vitroにおいて感作、増幅させて、シクロフォスファミド前投与による調節性Tリンパ球除去後に両細胞を投与、低量インターロイキン2を短期間使用し、体内でのCTLの維持を図ります。本治療法は現在、安全性と免疫学的有効性を検討する第I相臨床研究を実施中であります

  • 20歳以上70歳以下の方
  • 生存期間を延長する治療法がない進行固形腫瘍患者で、かつ一般状態評価が良好である方
  • 腫瘍細胞または腫瘍組織にRNF43(今回の治療におけるがんの目印になります)の発現が認められる患者。(発現の検査のため、以前に腫瘍切除の手術を行い、凍結保存した腫瘍組織が利用できる、もしくは新たに腫瘍組織を採取できる方)
  • # HLA(白血球の血液型です)DNA タイピング(Serumタイプではありません)検査によりHLA-A*2402または0201陽性の方。がんの目印を白血球に示すのに必要です。(事前に採血を行い確認いたします。)
  • 重篤な臓器障害のない方。
  • ステロイドなど免疫抑制剤を服用されていない方。

注)その他状態によっては御参加いただけない場合があります。

【2】進行・再発固形腫瘍(消化器がん・肺がん・子宮頚がん)に対する新規腫瘍関連抗原由来エピトープペプチドカクテルを用いた腫瘍特異的強化ワクチン療法第I相臨床研究

他に有効な治療法のない進行・再発固形腫瘍、特に消化器がん・肺がん・子宮頚がん患者でHLA-A*2402を有している患者さんを対象に、シクロフォスファミド投与後、HLA-A*2402拘束性KOC1, TTK, CO16 (URC10), DEPDC1, MPHOSPH1 由来の腫瘍関連抗原エピトープペプチドカクテルを皮下接種し、インターロイキン2の投与を行います。現在、安全性を検証する第I相臨床研究を実施しています。

  • 20歳以上80歳以下の方
  • HLA-A*2402陽性の方(HLA DNAタイピング検査)
  • 重篤な臓器障害のない方
  • 前治療(手術、化学療法、放射線療法)から4週間以上経過している方
  • ステロイドなど免疫抑制剤を服用されていない方。

注1) その他状態によっては御参加いただけない場合があります。
注2) 多くの患者様に御参加いただき、ワクチン療法は2009年4月より受付を一時中断させて頂きました。受付再開の際は当ページにてお知らせいたします。

【3】既治療不応進行胆道癌患者を対象としたカクテルペプチド癌ワクチンOCV-C01 療法:
第Ⅱ相医師主導治験

先端分子・細胞治療科では、胆道癌患者を対象としたペプチド癌ワクチンの治験参加者を募集しています。
(説明文書:PDFファイル)

腫瘍内科診療について

当科では、現在、臨床治験のみならず、各種悪性腫瘍に対しても、新規分子標的薬を含めた従来型診療も同時に行っています。