情報生物学分野

私たちの研究室では、遺伝子発現のON/OFFを制御するメカニズムやその進化について研究しています。遺伝子発現のスイッチは、進化的に保存する傾向があるため、ゲノム配列の比較により見つけることができます。現在では、ヒトやマウスをはじめとする様々な動物のゲノム配列情報のほかにも、組織毎の網羅的な遺伝子発現に関する情報や、ゲノムの修飾についての情報が急激な勢いで蓄積しています。これらのゲノムに関する情報も有効に活用し、統合して解析することで、遺伝子発現制御のメカニズムや進化の詳細を明らかにすることを目指しています。さらに、ここで得られた知見を、遺伝子発現制御の異常から起こると考えられる病気の原因解明にも応用していきたいと考えています。

News&Information